2分以内で読めるが意外に役立つ情報チャンネル

こんにちは、こーゆうと申します。 もっぱらのテレビっ子で仕事以外の時は常にテレビがスイッチオン!そんな私がエンタメに言いたい放題書いているブログです。

下重暁子 数年前から「家庭内別室」を実行!しかし、それでも夫とは夫婦円満!その理由は?

   

「家族という病」「老いの戒め」
など多数の著書を出版!!
さらに、70代から「家庭内別室」を実行。




元NHKアナウンサー
「下重暁子さん」について
いろいろ調べてみました。
まずは簡単なプロフィールからどうぞ!!

Sponsored Link





プロフィール紹介




20150704-233941.jpg

本名:下重暁子(しもじゅうあきこ)

生年月日:1936年5月29日(79歳)

出身:栃木県宇都宮市

学歴:早稲田大学教育学部国語国文学科

職業:作家、エッセイスト、元アナウンサー

著書:「家族という病」「老いの戒め」など多数


さらに詳しくはこちらから(wiki)


夫は?子供は?




現在79歳の暁子さんですが、
元テレビマンの夫がいらっしゃいます。
暁子さんが元NHKアナウンサーなので、
テレビ局で出会ったのかもしれないですね!(◎_◎;)




子供の存在は、、、、、
残念ながら確認できませんでした。




夫とは現在も夫婦円満!!
過去には、
料理好きな夫のために
家の台所をリフォームしたこともあるそうです。




ちなみに、
暁子さんが夫と結婚したのも
夫が料理する姿に惹かれたのが
一部あるみたいですね。




もしかしたら、
暁子さんの旦那さんが
「料理男子」の元祖だったのかもしれませんね笑


1人に慣れるために家庭内別室



暁子さんなかなかさっぱりとした性格の方で、
「夫婦どちらかが先に死ぬんだから
1人になった時の準備が必要だ」
と持論を展開!




数年前から、
寝室を別々にし、
寝る時は1人で
過ごしているみたいです。
でも、お互い何か緊急事態が起こった時のために、
ドアは開けて寝ているそう!(◎_◎;)




こうなったきっかけは、
夫を亡くした友人から
「お茶を注ぐ時、ついつい湯のみを二つ用意してしまう」
という話を聞いたから。




この話を聞いてとても切なくなり、
だったら、1人に慣れようと思ったのが
きっかけだそうです。




実際にこう思っても行動できないですよね💦
暁子さんの行動力は凄いです!!


夫婦はその家それぞれ





夫婦内別室をしている
暁子さんですが、
暁子さん的にこのスタイルは合っているそうです。




1人を過ごす時間を大切にし、
余裕を持って日々を過ごす。
この方が、二人で会ったとき
話が弾み適度な刺激を受けれるそうです。




お互いの性格を知っているからこそ
このようなスタイルでも
ストレスを感じず
日々円満に過ごせるみたいですね。




夫婦というもの、
家ではいつも一緒で
テレビ、寝室を共有するイメージが
ありますが、
こういうスタイルもあるんですね。




なので、
理想の夫婦像とは、
自分たちにあった
スタイルで過ごすことなのではないでしょうか!(◎_◎;)
つまりは、うちはうち・よそはよそということですね!!



まとめ



「元NHKアナウンサーで夫は元テレビマン」
「家庭内別室を行い、もしものときに備える」
「家庭内別室でも、夫婦間は円満!
夫婦像スタイルは人それぞれを提唱」
これが、下重暁子さんの大まかな実態でしたm(_ _)m




将来、夫婦像のスタイルが多様化するかもしれませんねm(_ _)m
「卒婚」という言葉も生まれたくらいですからね。



「卒婚」とは? 詳しくはこちら



多様化するのもそう遠くないかもしれませんね。
では今回はこの辺でノシ
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m




備考
画像はhttp://www.joqr.co.jp/blog/
dankai_sat/archives/2013/11/1123.html
より引用

 - 有名人