2分以内で読めるが意外に役立つ情報チャンネル

こんにちは、こーゆうと申します。 もっぱらのテレビっ子で仕事以外の時は常にテレビがスイッチオン!そんな私がエンタメに言いたい放題書いているブログです。

三輪EV自動車「エレクトライク」がネットで話題!外見はそのままに内面が高性能

   

現代に蘇った懐かしいフォルム
日本エレクトライクが生産!




今では映画の中でくらいしか見なくなった「三輪自動車」を
ベンチャー企業の「日本エレクトライク」が製造・販売します。



日本エレクトライク ホームページ



もちろん、
当時の三輪自動車を
そのまま再現したわけではなく
「安定性・機能性の向上」
「エンジンのEV化」などなど
外見はそのままに、
内面は大きな進化を遂げています。




エンジンのEV化ということは
この車は電気自動車ということになるんですね〜( ̄^ ̄)ゞ
三輪自動車進化してます笑





日本エレクトライクさん曰く、
年間100台を目標に掲げている
みたいですよ!(◎_◎;)
今後頻繁に道路で見られるようになるんですかね!!笑
今後に注目です!




ということで
今回は日本エレクトライク製造
「三輪電気自動車」について
いろいろ調べてみました。
まずはプロフィールからどうぞ〜



Sponsored Link




プロフィール紹介




20150610-005443.jpg

本名:エレクトライク

生年月日:製造された日

出身:各地の工場

身長:2.5m×1.3m×1.6m

体重:420〜450Kg

家族構成:独身(一人乗り用)


さらに詳しくはこちらから


なぜ三輪で勝負?




2015年の現在
ガソリン車はもちろんのこと
燃費のいいハイブリッド車や
環境に優しいEV車など
多くの種類の車が走っています。





そんな中で、
なぜ日本エレクトライクは
三輪電気自動車で勝負しようと思ったんでしょうか?




それは、
日本エレクトライク担当者曰く
「うちはベンチャー企業なので
他の大手メーカーがやってないことに挑戦したかったから」だそうです。
いわゆるニッチ戦略(すきま産業)ですね。笑



ニッチ戦略とは?



一度は衰退してしまった
三輪自動車を再び蘇らせることができるのか?
今後が楽しみですね!(◎_◎;)笑
表参道の道を
この「エレクトライク」が走っていたら……………………
なかなかコミカルな画ですね笑


価格は今のところ100万円台〜



この「エレクトライク」
本体価格の方が
100万円〜200万円くらいと
なっております。




軽より車体は小さく、
一人しか乗ることができない割には
なかなかのお値段!(◎_◎;)




しかし、この車がEV車であり
また機能性・安定性にも優れているのであれば
この価格でも仕方ないですかねm(_ _)m



エレクトライクの基本的な概要


エレクトライクの走行動画



でも、ここで皆様に朗報が!!
この「エレクトライク」
実は今年の6月8日に
量産のために必要な「型式認定」を
国土交通省から認可され
量産体制が着実に進んでおります。




そのため、
量産が実現すれば
100万円をきることも
不可能ではないみたいですよ。
EV車で100万円きるのは凄いことです。!(◎_◎;)




これでますます
表参道を三輪電気自動車が走る時代が近づいてきましたね笑
東京オリンピックのころには
「エレクトライク」で東京がいっぱいになってること
間違いなしです!(◎_◎;)笑



まとめ




「日本エレクトライクによって製造」
「型式認定も国交省より認可済み」
これが、三輪電気自動車「エレクトライク」の実態でしたm(_ _)m




電気自動車だけあって
運転時のエンジン音は静かなんでしょうね。
さらに排気ガスを出さないから
環境にも優しい
「エレクトライク」いいとこだらけです!!




また、「型式認定」の認可で
量産体制も整いつつあり、
今の価格が今後低くなる
可能性も!!
EV車で100万円をきる時代がやってくるかもしれませね。
技術の進歩って凄いですね!(◎_◎;)




ということで今回はこの辺でノシ
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m




備考
画像はhttp://mag.japaaan.com/
archives/26113
より引用

 - ニュース