2分以内で読めるが意外に役立つ情報チャンネル

こんにちは、こーゆうと申します。 もっぱらのテレビっ子で仕事以外の時は常にテレビがスイッチオン!そんな私がエンタメに言いたい放題書いているブログです。

新光時計店4代目店主「松浦敬一さん」登場!時計職人の腕はピカイチで日本各地から依頼が殺到!

   

時計の修理ならなんでもござれ!
「プロフェッショナル」に
松浦敬一さん登場!!





瀬戸内海の小さな島に
日本各地から
壊れた時計が郵送されてきます。





それは、
「メーカーから修理不能と言われた時計」
「古すぎて動かなくなった時計」
などなど
壊れた時計の最後の駆け込み寺として
送られてくるそうです。





そして、
そこの時計修理屋を
切り盛りしているのが
今年御年71歳になる
松浦敬一さん!!
幼い頃から時計に携わり
昔ながらの時計職人さんみたいですね!(◎_◎;)





ということで今回は
「時計修理のプロフェッショナル」
松浦敬一さんについていろいろ調べてみましたm(_ _)m
まずはプロフィールからどうぞ!

Sponsored Link



プロフィール紹介





20150607-232207.jpg



本名:松浦敬一

生年月日:1944年 (満71歳)

出身:広島県

職業:時計職人

異名:神の手を持つ職人


創業100年以上!お店は昔ながらの時計店




松浦さんがやってある
時計店ですが
瀬戸内海の大崎下島という
小さな島の一角にありました。




店名を「新光時計店」といい
創業はなんと150年!!
敬一さんで4代目となる
超老舗の時計店です。




20150607-232308.jpg

なんとも味のある
時計店ですよね。
いい意味で私の近所に一つや二つありそうです( ̄^ ̄)ゞ笑




でも、この時計店に修理を求めて
毎日のように
時計が送られてくるんですよね!!
それもこれも、
「神の手を持つ職人」
松浦さんの腕を頼るために!!



新光時計店 ホームページ


時計には様々なドラマがある





日本各地から毎日のように
送られてくる
壊れた時計ですが、




その一つ一つには
「親の形見の腕時計だから」
「長年愛用した柱時計だから」
などなど
依頼者の様々な思い入れがあり
絶対に直して欲しいという気持ちが
伝わってくるそうです。






中には郵送されてきた時計と一緒に
「手紙」が同封されているものもあり
依頼者の並々ならぬ思いがそれに
綴られているそうですねm(_ _)m





そして
松浦さんは、
その手紙に必ず目を通し
依頼者の心情を汲み取って
修理作業に取り掛かるようです。
修理だけでなく、
依頼者の気持ちも確認する…………
松浦さんは職人の中の職人ですね( ̄^ ̄)ゞ


20150607-232217.jpg



ちなみに、
時計の修理は
松浦さんいわく、
あまり儲からないそう💦
しかし、
それでも修理を引き受けるのは
「時計が直ったときの
お客さんの笑顔が何よりも
好きだから」だそうです。




もうほっこりエピソードで
お腹いっぱいです笑
松浦さんご馳走さまでしたm(_ _)m


まとめ




「瀬戸内海の小さな島の時計店4代目店主」
「神の手を持つ職人」
これが時計職人「松浦敬一さん」の実態でした!(◎_◎;)





今の所
時計は壊れてないので
大丈夫ですが、
もしものときは
お願いいたしますm(_ _)m




今週放送
「プロフェッショナル」
注目です!(◎_◎;)


「プロフェッショナル」 ホームページ


では今回はこの辺でノシ
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m





備考
画像はhttp://www.bsfuji.tv/itteki/
archives/sp01.html


http://www.kanshin.com/
keyword/1819068
より引用

 - エンタメ