2分以内で読めるが意外に役立つ情報チャンネル

こんにちは、こーゆうと申します。 もっぱらのテレビっ子で仕事以外の時は常にテレビがスイッチオン!そんな私がエンタメに言いたい放題書いているブログです。

アソラ・フェテプリー・ベリはマッチョだらけ!!その理由は意外なところにあった!

   

今週放送の「カスペ!・くりぃむの地球ムチャ街日記」でアソラ・フェテブリー・ベリが紹介されます。(間違ってたらすみませんm(_ _)m




インドにある村みたいですが、普通の村とは全く違う特色をもっており、特にそこに住んでいる男達に最大級の特徴があるみたいです。
一体何が違うんでしょうかね(´・Д・)」




ということで今回は
「アソラ・フェテプリー・ベリ」についていろいろ調べてみました。



プロフィール紹介






20150222-215713.jpg


本名(村名):アソラ・フェテプリー・ベリ

出身(所在地):インド(デリー郊外)

身長(面積):わからんm(_ _)m

体重(人口):5万人




あっちもマッチョこっちもマッチョ



デリー郊外に位置するアソラ・フェテプリー・ベリですが、
なんと、村の男がどれも屈強な肉体を持ったマッチョさん達なのです!




20150222-215720.jpg
ベリのマッチョさん達





その数なんと人口の9割なんだとか!(◎_◎)
人口5万人なので、4万5000人がマッチョということになりますね(驚)マッチョ多すぎ笑




これだけマッチョがいるので、就職先も偏っているみたいで、
「ショッピングモール」「ジュエリーショップ」「ナイトクラブ」のボディガードになる人が9割近く占めているようですよ!(◎_◎;)
インド中心地のボディガードはほとんどアソラ・フェテプリー・ベリの出身者なのだとか!



しかし、なぜこの街だけこんなにマッチョが増えたのでしょうか?

Sponsored Link



なぜ貴方はマッチョなんですか?




アソラ・フェテブリー・ベリだけで
こんなにマッチョが増えた理由は諸説あるみたいですが、一番有力な理由に「インドの近代化」が挙げられるみたいです。




1990年代、インド政府が経済政策を実行、国内の活性化を図りました。



結果、2000年代に入るとジュエリーショップやショッピングモールなどの商業施設が次々に建設され、国内が活性化。




どんどん建設が進んだことで、商業施設に多くのボディガード(警備員)が必要となり
アソラ・フェテプリー・ベリのマッチョ達がその職業に就くことになったそうです。




なぜアソラの人なのか?




用心棒の需要が増えたのはわかったとして、なぜそのほとんどがアソラの人だったのか?
それは、ボディガードの給料がよかったからと言われています。




元々アソラは農村で農業で生計を立てている人がほとんどでした。
そんな中、ある一人の男がボディガードの仕事を行い、一万ルピーの給料を受け取とったそうです。(日本円で約2万円)




一万ルピーはアソラにとって大金!!
これを見た他の村人がそれを羨ましがり徐々にボディガードの仕事をする人が増えていったみたいですよ。




20150222-220143.jpg
一人の男がきっかけでアソラに用心棒が広まったようですね。



まとめ




アソラ・フェテブリー・ベリは住人のほとんどがマッチョな村でした。
村の多くの人が用心棒の仕事に就き、ショッピングモールやジュエリーショップなどで勤めています。




インドに行く予定は今のところないですが、いつかインドに行った時は訪れてみたいスポットになりましたね(´・Д・)」
村中マッチョいろんな意味で………絶景でしょうね(-.-)y-.”, o O笑




最後まで読んでいただきありがとうございました。




備考
画像はhttp://blog.tirakita.com
より引用

 - エンタメ