2分以内で読めるが意外に役立つ情報チャンネル

こんにちは、こーゆうと申します。 もっぱらのテレビっ子で仕事以外の時は常にテレビがスイッチオン!そんな私がエンタメに言いたい放題書いているブログです。

水玉デザイナー草間彌生って?プロフィール調査ユニクロなどコラボ作品画像あり

      2015/02/18

今週放送の「世界の遺伝史2〜日本が世界に誇る30人〜 各界の成功者が一番尊敬するのは誰?」に世界的デザイナー「草間彌生さん」が出演します。



番組では、成功者の成功に至るまでの歴史、つまり成功者のルーツを探っていくそうです。草間さんもその中の一人みたいですね。

ということで今回は
「草間彌生さん」についていろいろ調べてみました。



プロフィール紹介




20150214-191738.jpg



本名:草間彌生(くさまやよい)

生年月日:1929年3月22日(85歳)

出身地:長野県松本市

出身校:京都市立美術工芸学校(現、京都市立銅駝美術工芸高等学校)卒業

職業:画家、彫刻家、ファッションデザイナーなど


主に水玉をモチーフにしてデザイン



草間さんの作品は、
絵画や彫刻などはもちろんのこと
主に水玉模様をモチーフに使った作品が多いことが特徴のようです。




水玉模様の作品の数々




20150214-192148.jpg

20150214-192156.jpg

20150214-192212.jpg



どうですか?
本当に水玉模様ばかりですよね!(◎_◎;)




目の前を覆い尽くさんばかりの圧倒的な水玉の数々!!思わず現実を忘れて作品の世界に引き込まれてしまいそうです(-.-)y-.”, o O




でもなぜ、ここまで水玉模様をモチーフに使い続けるのですかね?
調べてみると、興味深いことがわかりました。

Sponsored Link


水玉模様を使用するワケ





草間さんは幼少期のとき、ある病気に悩まされており、
時折「幻覚」や「幻聴」に襲われていたそうです。




そこで草間さんは、これらの症状さら逃れ・抗うため「幻覚」や「幻聴」を表した絵を描き始められ、
水玉模様もこの時に描き始められたみたいです。




水玉を作品全体に描くことは、
草間さんが恐れる「幻覚」や「幻聴」から身を守るための手段の一つで、
かつての「耳なし芳一」が霊から身を守るために全身を経で埋め尽くした行為がモデル(参考)になっているようです。




草間デザインの特徴である「水玉模様」は幼少期から続く深い理由があったみたいですね。



現在は世界中でコラボ



水玉模様が特徴の草間デザインの作品ですが、現在では様々な世界ブランドとコラボレーション商品を企画・発表しています。




「ルイヴィトン」や「ユニクロ」など有名ブランドが例としてあげられますね。



ルイヴィトン コラボ商品

20150214-191753.jpg



ユニクロ コラボ商品


20150214-191804.jpg

やはりというか、さすが
水玉模様が基調となった商品になっていますね。



まとめ



草間彌生さんは、水玉模様をモチーフに使った作品を多々生み出す世界的デザイナーの一人でした。




「ルイヴィトン」や「ユニクロ」なと数多くの有名ブランドとコラボレーションし、そのデザインは世界に認められているみたいです。




水玉模様をモチーフに使い続けるのは、幼少期からの深い理由があったようですが………
見事それをデザインに結びつけ、世界に認知させた草間さんは偉大な人だったんですね!(◎_◎;)



今後はどのような作品・コラボ商品を生み出すのか?注目ですね!(◎_◎

最後まで読んで頂きありがとうございました。



備考
画像はhttp://www.flickr.com/photos/19756371@N00/3764634105/


http://matome.naver.jp/m/odai/2134202841611130901


http://www.fashionsnap.com/news/2014-06-24/ut-moma-kusama/gallery/index6.php


http://s.fashion-press.net/news/gallery/7407/130660
より引用

 - エンタメ