2分以内で読めるが意外に役立つ情報チャンネル

こんにちは、こーゆうと申します。 もっぱらのテレビっ子で仕事以外の時は常にテレビがスイッチオン!そんな私がエンタメに言いたい放題書いているブログです。

魚の脂質を測る「フィッシュアナライザ」使い道は?

      2015/02/18

こんばんは、
おれんじCEOでございます。



なんとも、面白い商品が
長崎大学の研究者によって開発されました!



その名も、
「フィッシュアナライザ」
日本語に訳すと、「魚の分析」です。



20141224-223340.jpg

フィッシュアナライザ本体




開発者の方いわく、
「魚の脂質を調べることができる装置」のようです。



つまりは、
魚に脂がどれくらいのっているのか
調べられる装置なんですね。



使用方法



使用方法は、



あてる前に、
「フィッシュアナライザ」に
魚の名称を設定
※ブリを測定するならブリ、
マグロを測定するならマグロ
装置内に魚の項目があるみたいです



そして、
これを魚に直接あてることで
脂質を測定するみたいです。




20141224-223355.jpg
写真はブリで測定しています。



触れるだけで、
脂質が測れてしまうとは、
不思議ですね。笑



でも、一般で使える?


直接あてることで魚の脂質が測れることは、わかったのですが



一般には、どうかな?と
私は感じましたね。!(◎_◎;)



スーパーなどで売られている魚は
ほとんどがパック詰めにされているので、



直接あてれないし、
もし、あてることができたとしても
私なら周囲の目が気になってしまいますね。m(_ _)m



なので、一般では
あまり必要なさそうな気もしますねm(_ _)m



しかし!業者には需要あり!


一般には、あまりという印象ですが…



魚に関わる業者の方には、
需要があるみたいです!



これさえあれば、
魚を見極める必要がなく、



すぐに、脂質が多い(脂ののった)魚を見つけることができますからね。!(◎_◎;)



業者の方には、
選別の手間が省けて、
作業の効率化にもつながり、
いいことではないでしょうかねヽ(;▽;)ノ



※この装置も、そもそも業者向けに開発されたみたいですし!(◎_◎;)



「フィッシュアナライザ」
今後、どういった形で活躍していくのか注目です!!





最後まで読んで頂きありがとうございました。
おれんじCEOがお届けしました。




備考
画像は
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/
trend_tamago/より引用

 - 未分類